2017年9月20日水曜日

初ホールコンサート、大盛況ありがとうございました!

9月18日(月祝)「江藤有希 海の見えるアコースティックコンサート」
(会場:聖ステパノ学園 海の見えるホール)


たくさんの方にご来場いただき、おかげさまで無事に終えることができました。
足を運んでくださった皆さま、宣伝協力くださった皆さま、聖ステパノ学園の皆さま、スタッフの皆さま、そして笹子重治さん、橋本歩さん、ありがとうございました!


大きな台風の去った朝。
真夏のような陽射しのなか、10時に会場入りすると、聖ステパノ学園の職員の皆さまが、台風で散った葉っぱや落ちた枝などを丁寧に清掃されていました。

この日、江藤有希トリオでは開場までの時間を利用して、写真撮影を行いました。
写真家の米谷亨さん、デザイナーの北川正さんにも素晴らしいディレクションをしていただき、元々は写真にうつるのが苦手な私でしたが、とても楽しく過ごさせていただきました。
この美しいホールでの写真を、いずれ皆さまにもご覧いただけると思います。

(撮影の一コマ)

(撮影風景を撮影。)


撮影後は、セッティングしてリハーサル。
とても響きの良いホールなので、ギターだけはマイクを入れ、ヴァイオリンとチェロは完全生音です。
普段とはまったく違う音環境なので、少し時間をかけてリハーサルをしました。
この間も、スタッフの皆さまには色々な設営をしていただいてました。

(相模湾の白波が見事にみえていました。)


開場時間前に、すでにたくさんのお客さまがいらしてくださり、当日券もたくさんお求めいただいたそうです。
この日の気温はとても高く、真夏のような暑さのなか、小高い丘を登ってくださった皆さまには本当に感謝です。


そして、ベルが鳴り、ステージへ。
客席には、びっくりするほどたくさんのお客さまが。
とてもうれしく、笹子さん、歩さんと演奏できる幸せ、ここでだけの響きを味わいながらの演奏となりました。


全16曲のアコースティックコンサート。
休憩をはさんで前後半。
あっという間でした。

 (ステージからの眺め。) 
 
 
CDもたくさんお求めいただき、終演後のサイン会も盛況でした。
地元・大磯や平塚など湘南の皆さまにもたくさんいらしていただきましたが、都内やご遠方からもたくさんいらしていただき、本当に感謝でいっぱいです。


昨年末から始まった初ホール公演のプロジェクト。
共同主催の山﨑さんからお声かけいただき、企画から、運営、当日の対応まで大変お世話になりました。
また、聖ステパノ学園の皆さまにも、年間スケジュールが立て込むなか調整していただき、当日まできめ細かくご対応いただきました。

(控え室として使わせていただいた教室。出光氏の寄付が刻まれた銘版。)


一番の心配だったチケットの売れ行きも、多くの方にご協力をいただきました。
当日いらっしゃれないにも関わらず、宣伝協力くださった方にも、本当に感謝です。
しょっちゅう手続きに伺った大磯町役場の皆さまにも大変お世話になりました。
そして、足を運んでくださったお一人お一人のおかげです。


本当にありがとうございました!!


この後、江藤有希トリオは

9/21(木)〜26(火)まで、福岡・小倉・山陽小野田・雲南・倉吉にツアーに参ります。
29(金)〜10/1(日)は、札幌2days・常呂へ。
11/4(土)〜8(水)は、名古屋・神戸・岡山・大阪・浜松へ。

各地の皆さまにお会いできることを楽しみに、気持ちの良い、楽しい時間をお届けできるよう、精進してまいりたいと思います。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


2017年9月19日
江藤有希

2017年9月17日日曜日

いよいよ明日!

いよいよ明日、18日(月祝)14:00より、大磯・聖ステパノ学園 海の見えるホールでのコンサートです!

強い勢力の台風ですが、明日の未明には関東を通過するようです。
しかも、晴れの予報!
大磯町の最高気温は、31℃の予想です。
夏です!

ホール公演ですので、演奏会中の飲食はご遠慮いただいてますが、行き帰りや休憩中など、十分に水分補給をなさってください。
ホール内は自販機などがありませんので、大磯駅を出てすぐのコンビニなどをご利用いただくと安心だと思います。
紫外線対策もお忘れなく。

当日券のお問い合わせをたくさんいただきありがとうございます!
13:15よりホール入口にて販売いたします。
チケットぴあは、残券のある限り、本日17日23:59までお取り扱いがございます。
http://md.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1725669
それでは明日、海の見えるホールにて、お待ちしております!!

『江藤有希 海の見えるアコースティックコンサート』


日時 2017年9月18日(月祝)Open 13:30 Live 14:00
会場 聖ステパノ学園 海の見えるホール(大磯)
   神奈川県中郡大磯町大磯868
   JR東海道線「大磯駅」より徒歩5分。
   ※公共の交通機関をご利用ください。
出演 江藤有希(Vn)橋本歩(Cello)笹子重治(G)
料金 全席自由・一般¥3,000/学生¥1,500(高校生以下・当日学生証提示)
   ※就学前のお子様の同伴、ご入場はご遠慮ください。
   当日券を13:15より販売いたします。
予約 チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:334-516)
   またはライブ会場、メンバーにより販売(事前精算、手渡しのみ。
   ご遠方の方はコンビニ受取のある「チケットぴあ」がおすすめです)
お問い合わせ 山﨑 090-4377-2148 または yukivn.info@gmail.com

 

2017年9月15日金曜日

湘南ジャーナル&メンバーによるメッセージ動画!

本日9/15(金)発行の湘南ジャーナルに、18(月祝)開催の「江藤有希 海の見えるアコースティックコンサート」の情報を掲載していただきました!
ありがとうございます。
写真は、大磯のギャラリー今古今で、日本画家・武井好之さんの個展にあわせ取材していただいたときのもの。
今回のコンサートのフライヤー、ポスターの絵は、武井さんによるものです。
湘南エリアの皆さま、ぜひチェックなさってくださいませ!

そして、いよいよ三日後!
メンバーによるメッセージ動画があります。
当日券の情報もあります。
ぜひ、ご覧いただき、お誘いあわせのうえ、ご来場くださいませ!!


 
(これ、テイクワンでした!)


『江藤有希 海の見えるアコースティックコンサート』


日時 2017年9月18日(月祝)Open 13:30 Live 14:00
会場 聖ステパノ学園 海の見えるホール(大磯)
   神奈川県中郡大磯町大磯868
   JR東海道線「大磯駅」より徒歩5分。
   ※公共の交通機関をご利用ください。
出演 江藤有希(Vn)橋本歩(Cello)笹子重治(G)
料金 全席自由・一般¥3,000/学生¥1,500(高校生以下・当日学生証提示)
   ※就学前のお子様の同伴、ご入場はご遠慮ください。
   当日券を13:15より販売いたします。
予約 チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:334-516)
   またはライブ会場、メンバーにより販売(事前精算、手渡しのみ。
   ご遠方の方はコンビニ受取のある「チケットぴあ」がおすすめです)
お問い合わせ 山﨑 090-4377-2148 または yukivn.info@gmail.com



2017年9月13日水曜日

FM横浜のラジオ番組に生出演しました。

9/12(火)はFMヨコハマ「Lovely Day」に生出演いたしました!


(FMヨコハマの入口に掲示されていました)


実はこちらの番組では、アルバム「hue」の曲を普段からBGMで流してくださっています。
パーソナリティの近藤さや香さんもアルバムを聴きこんでくださっていて、曲を知ってくださっているからこその質問を、色々と投げかけてくださいました。

 
そして、生演奏。
ギター笹子重治さん、チェロ橋本歩さんと共に、ライブのような雰囲気で2曲を演奏しました。
FMヨコハマのスタジオは、ランドマークタワーの10階にあります。
特に私が演奏した位置からは、窓の下に横浜の街が広がり、時々小雨の降る鉛色の空色に、「sunset rain」「荒野」といった曲がとても合っているように思いました。


(窓の向こうは横浜の街。)


パーソナリティの近藤さや香さん、FMヨコハマの皆さま、お聴きくださった皆さま、ありがとうございました!!


(記念に!)



(小雨も雰囲気に合うのです。)   


こちらの番組は、ネットラジオ「radiko」で1週間、お聴きいただけます。
http://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20170912103614


日曜は工藤江里菜さん、3回目のクラシカルコンサートでした。

9/10(日)工藤江里菜さん「エリナ イン クラシックvol.3」@横浜人形の家 あかいくつ劇場。
とても温かいコンサートでした!


(あかいくつ劇場、ステージより。)


あかいくつ劇場は、人形劇用のホール。
統一された赤いカラーと、木の床に響く音。
初めての会場でしたが、とても良い空間でした。

江里菜さんの透明感のある歌声、今日も素晴らしかったです。
一緒に演奏していて、歌とピアノの自在な押し引きを味わいながら、弦のアンサンブルを重ねました。


加えて、PAの半澤公一さんの素晴らしいこと!
江里菜さんのグランドピアノ、新井光子さんのチェロ、そして私のヴァイオリン。
生音に近いようなサウンドにするべく工夫してくださいましたが、ステージ上でもとても自然で気持ち良く、お客さまからもとても好評だったようです。


江里菜さんのオリジナルで、私が弦アレンジした曲も10曲以上になりました。
継続してプロジェクトに参加できることは、音楽家としてとても幸せなことに思います。


また、江里菜さんのファンの方は、音楽をよく聴かれている方が多い印象があります。
これまでも、江里菜さんのステージをきっかけに私のライブに足を運んでくださった方がいらっしゃいましたが、終演後、お客さまにたくさんお声をかけていただき、気づけば持ってきたアルバム「hue」は完売。
そしてなんと、9/18(月祝)海の見えるアコースティックコンサートのチケットもたくさんご購入いただきました。
(ステージでの江里菜さんのアナウンス効果、絶大!感謝です。。)


ファンの方々から、新井さんや私にまで素敵な花束をいただきました。
温かなお気持ちがとてもうれしく、同時にそれだけ、江里菜さんが愛されているのだと感じました。

(今もテーブルを彩ってくれています。)


皆さま、ありがとうございました!!

2017年9月9日土曜日

濃くて幸せな、二日間のライブ・レポート。

二日分のライブ・レポートをお送りします。


9/7(木)は、歌手・桑江知子さんと、ギター笹子重治さんのライブシリーズ「月詠み旅」@ラ・カーニャ、終盤に飛び入りさせていただきました!
しかも、いきなり、ぶっつけで、演歌(笑)。



それは、都はるみが歌った「北の宿から」。
この曲、私のルーツといっても過言ではありません。(キッパリ)
父は昔、オーケストラでフルートを吹いていましたが、都はるみが大好きで、江藤家ではなぜか都はるみとポール・モーリアがパワープレイされていました。
そして「北の宿から」は、私自身もとても好きな曲だったのです。

リハで桑江さんの歌う「北の宿から」を聴いて、思わず涙がでてしまいました。
あまりに、素晴らしくて。
本来、私が参加する予定ではなかったのですが、感動したことをお伝えしたら、本番では加わることに(笑)。
楽譜もなく、ぶっつけでしたが、大好きな曲を桑江さんの歌、笹子さんのギターで演奏できて、夢のようでした。

桑江さんと笹子さんのライブシリーズ「月詠み旅」は、この日が70回目だったそうです。
桑江さんの歌は、表現する言葉が見つからないくらい、素晴らしい。
言葉がすっと心に入ってきて、心地良くて、気づくとその歌の世界が自分の目の前に広がるかのようです。
そしてもし、言葉が分からないとしても、あの磨かれた歌声は、人の心を揺さぶらずにおかないだろうと思います。

いつもご一緒している笹子さんのギター。
この日の笹子さんのギターを聴いていて、私は「アートだなぁ」と思いました。
曲に、桑江さんの歌声に、繊細に呼応し、唯一無二の世界を広げる。
なんという、幸せな時間。
終演後は、たくさんの方からお声をかけていただきました。
桑江さん、笹子さん、皆さま、本当にありがとうございました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌9/8(金)は、サウスコンシャス@平塚ウッドショップ。



ウッドショップは文字通り、材木屋さんが営むBARで、まるでログハウスのような木の空間が心地良いお店で、サウスコンシャスとしてはかなり久々の出演でした。
会場に入って、完全生音で演奏することになりました。
中西文彦さんが最近入手されたギターが、生でもよく鳴るバランスの良い楽器で、ウッドショップの木の空間と相まって、なんとも良い響きなのです。

ライブでは、ピアソラ作品やそれぞれのオリジナル曲、ブラジルの曲、映画音楽など、メロディアスで美しい曲を中心に演奏しました。
曲により、中西さんが変幻自在のソロを奏でます。
それを隣で味わえる役得。

終演後、ウッドショップのマスターから「生音でギターとのデュオで、音量をコントロールしながらあれだけ表現することができて、素晴らしい」と、お褒めの言葉をいただき、とてもうれしかったと同時に、思い出したことがあります。

実は、ヴァイオリンとギターは、音量差がかなりあります。
弓で弦をこするヴァイオリンは、音が伸びる楽器。
対して、指で弦をつまびくクラシック・ギターは、音を発した途端、音が減衰していく楽器です。
私は、一つ一つの音は減衰しながらも、豊かな響きをつくりだすギターという楽器にとても惹かれます。

以前「レンブランサ」というショーロ・ユニットで、初めてギターとデュオでアンサンブルを作ることになり、ギターの稲葉光さんとはかなりみっちり、練習し、ライブも重ねました。
その中で、いかにギターの音を殺さず、自分も心から歌うように弾けるか、かなりの試行錯誤がありました。
それは同時に奏法の研究でもありました。

マスターからの言葉で、その頃の試行錯誤を思い出しました。
その後、中西さんや、笹子さんといったギタリストとも継続的にアンサンブルを作る活動を続けるができ、今の自分の音色があるのだな、とあらためて思いました。
ご来場くださった皆さま、ウッドショップの皆さま、ありがとうございました!!
まかないのホワイトシチューご飯、美味しかった〜♪


2017年9月6日水曜日

日曜は、工藤江里菜さん@横浜です。

昨日は、シンガーソングライター工藤江里菜さんのリハーサルでした。
9/10(日)は横浜にて、江里菜さんが毎年開催されているクラシカルな雰囲気のコンサート。
クラシック作品もちょびっと弾きます。
チェロ新井光子さんと共にサポートいたします。


リハ前日まで、今回の新たなレパートリーの弦アレンジをしていました。
毎度のことですが、リハで音出しをして、ようやくホッとしました。
アレンジのために何度も音源を聴くのですが、江里菜さんの「声」という曲。
聴きながらなぜか涙が出そうになります。
曲が良いと、アレンジにも力が入ります。
(入りすぎないように気をつけてはいますが。笑)


(最近のお気に入り、リサ・ラーソンのマスキングテープ。)


当日、半分以上は弦の入るプログラムなので、私のアレンジ仕事を目撃していただける機会かも。
江里菜さんは歌もピアノも素晴らしいです。
ぜひ!



工藤江里菜『エリナインクラシックvol.3』

日時 2017年9月10日(日)Open 17:15 Live 17:45
会場 横浜人形の家「あかいくつ劇場」(横浜)
   横浜市中区山下町18番地
   (みなとみらい線 元町・中華街駅4番出口より徒歩3分)
出演 工藤江里菜(Vo、P)
   江藤有希(Vn)新井光子(Cello)
料金 予約¥4,000/当日¥4,500
予約 ご予約フォーム
   または、メール予約:ticket@erinakudo.jp
       お名前、人数、ご連絡先、9/10(日)クラシカルコンサート予約の旨
       ご明記のうえ、お申し込みください。