2017年7月27日木曜日

日曜のKAWAGUCHIタンゴフェスティバル2017

7/23(日)KAWAGUCHIタンゴフェスティバル2017@川口リリア・メインホール、たくさんのご来場ありがとうございました!!


これまで、すみだトリフォニー小ホールがホームグラウンドだった「西塔祐三とオルケスタ・ティピカ・パンパ」。
大ホールでの演奏は新鮮なものがあります。
小ホールでは、13名が演奏するにはスペースもギリギリ。
でもメンバーの距離が近い分、モニターも最小限でバランスを取ることに慣れていたと思います。



(ステージからの眺め)


しかし、大ホールとなると、とにかくステージが広い!
隣のメンバーが遠い!
寂しい!
といったことを補うべく、モニターの数も多く、リハーサルしながら音を調整していきました。
とにかく、田辺和弘さんのベースが、この楽団の屋台骨。
皆が「すみませーん、ベースください!」とPAさんに注文するわけです。


「オルケスタ・ティピカ・パンパ」は、バンマスでバンドネオン奏者の西塔祐三さんが、若手の育成に力を注がれています。
コンサートは、
・13名編成の「オルケスタ・ティピカ・パンパ」
・若手で4名編成の「チコス・デ・パンパ」
・6名編成の「エストレジャス・デ・パンパ」
という3楽団の演奏で構成されていますが、大ホール公演ではさらに菅原洋一さん、kaZZmaさんはじめ豪華な歌手陣、ダンサー高志&めぐみさんとの競演も大きな見どころとなっていて、昨日もたくさんのお客さまにご来場いただきました。


(楽屋にて)


もう16年在籍している私ですが、何度演奏しても、毎回わくわくしています。
この楽団、このメンバーならではのグルーヴ、たまりません。
皆さま、ありがとうございました!


(終宴直後、ステージ袖で!)


次回の情報がチケットぴあのページにでていました。
よろしければぜひ♪
11/10(金)横浜みなとみらい大ホール
http://md.pia.jp/pia/event/event.do…

2017年7月19日水曜日

御前演奏でした。

江藤有希trioで、神戸開港150年記念「海フェスタ神戸」記念式典で演奏いたしました!


(レアな盛装でございます)


神戸出身のギタリスト・笹子重治さんのご縁でこのトリオでの出演が決定。
秋篠宮殿下御夫妻のご出席もあり、厳戒態勢での準備がすすめられてきましたが、つつがなく終了。


御前演奏となったのは、
「炭酸水」オリジナル
「港」唱歌
「backwash」オリジナル


殿下御退場後、ご招待客の皆さまに向けて
「イパネマの娘」A.C.ジョビン
「荒野」オリジナル
「港の見える丘」東辰三


前日に式典の通しリハーサルもあり、時間内におさめるためいつもより曲を短い構成にしたり、普段よりだいぶ緊張感のあるなかでしたが、海や神戸にまつわる曲、オリジナル曲をお聴きいただきました。
関係者の皆さま、笹子重治さん、橋本歩さん、ありがとうございました!

 
(ひとーり)


(ふたーり) 


(おしゃれとな)

 

2017年7月17日月曜日

ギャラリーライブ、ありがとうございました!

7/16(日)「hue」Gallery Live at 今古今、たくさんのご来場をありがとうございました!!
ご予約満席となったあとも多くのお問い合わせをいただき、うれしい悲鳴でした。
 
6月からはじまっていた日本画家・武井好之さんの作品展。
このような素晴らしい作品に囲まれて演奏できることは、とても幸せでした。



(素晴らしい作品の前で)


先日、武井さんの9メートルの大作の前で楽器を弾いたときの印象からできた新曲「あお」も初演。
ライブ後に
「あおの入ったCDはどれですか?」
とのお問い合わせが多かったそうです。
うれしいです!
次回作には収録しなくては♪


(とても美味しいフード)


今古今に併設された日日食堂では、身体に優しく、しかもとても美味しいフードをだしてくだって、ライブ前に私たちもいただきましたが、大満足でした。
日日食堂ではいつもはランチに御膳があり、これまた絶品ですので、お近くの方はぜひ。
(大好きなBoulangerie Yamashitaのバケットも登場!)


(海の見えるホール・コンサートの旗が!)


今回のライブの経緯についてはまたあらためて書きたいと思いますが、「hue」のジャケットデザインをしてくださった、デザイナー北川正さんのご提案によるもので、その北川さん、なんと、9月18日海の見えるホール公演のポスターをパネルにしてくださり、さらにオリジナルの旗を作ってかけつけてくださいました!!
感涙、、、


実は、海の見えるホール公演のフライヤー・ポスターは、武井好之さんの描いてくださった絵をもとに、北川正さんがデザインしてくださったもの。
せっかくですので、記念にパチリ。


(写真左:北川正さん。右:武井好之さん)


(たくさんのご来場ありがとうございました!)


今古今の坂間さんには、打ち合わせから当日まで、とてもきめ細かくご対応いただきました。
多くの方にご尽力いただき、ライブを終えることができました。
暑いなかご来場くださった皆さま、今古今&日日食堂の皆さま、武井好之さん、北川正さん、ありがとうございました!!
ユニットのように活動できる、このトリオ。
新曲のテンポ設定で「遠くでスルドが鳴っている感じ」と伝えただけでぴったりのテンポをだしてくださった笹子重治さん。
高温多湿のなか生音に近いバランスで繊細なアンサンブルを作ってくださった橋本歩さん。
すごい。


(かんぱ〜い!)


お二人とはまた近々イベントに出演いたします。


そして9/1(金)には吉祥寺ストリングス、
9/18(月祝)は大磯・海の見えるホールで初ホールコンサートです。
皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!


江藤有希・ライブスケジュール


2017年7月15日土曜日

明日の今古今ライブ

【明日のライブのお願い】


いよいよ明日、7/16(日)は大磯・今古今でのギャラリー・ライブです!
大磯は晴れの予報。
暑くなりそうですので、どうぞ気をつけてお越しください。


おかげさまで満席ですが、ご予約くださっている皆さまへのお願いです。

①駐車場のご用意はございません。
 公共の交通機関でお越しください。
 平塚駅北口、または大磯駅出発のバスが便利です。

②開場時間は17時です。
 時間前にいらしてもお入りいただけませんので、ご了承ください。




今古今は、日本画家・武井好之さんの見事な作品に彩られています。
日日食堂のとても美味しいお料理や飲み物もぜひお楽しみに。
そして、hue=色彩の音楽。
ヴァイオリン、チェロ、ギターが今古今の木の空間に響きわたります。
楽しい曲、美しい曲をご用意して、会場でお待ちしております!!

2017年7月10日月曜日

地元メディアの情報。

【メディア情報】

1週間後の7/16(日)大磯・今古今ライブはおかげさまでご予約満席をいただいておりますが、いくつかの地元メディアでこちらのライブについて、ご掲載いただきました。

せっかくですので、ご紹介させていただきます!

●湘南ジャーナル(7月7日号)CONNECTコーナー
会場の今古今について、詳しく掲載されています。色々な面で注目のスペースとなっている今古今。成り立ちやコンセプトなどを読むと、よりあの空間への理解が深まる気がします。

●タウンニュース(大磯・二宮・中井版、7月7日号)文化コーナー
こちらはライブにフォーカスした内容を掲載いただきました。

●神奈川新聞(7月5日発行)イマカナ・コーナー
なぜか、名字の頭文字が欠けていますが(笑)、本文が合っているので問題ナシ!新聞にも掲載いただき、うれしいです。

各メディアの皆さま、ありがとうございます!


2017年7月9日日曜日

7月6日(木)のレポート・その②

夜は「hue」Live@プラッサ・オンゼでした!


おなじみ、ギター笹子重治さん、チェロ橋本歩さんとのトリオ。
2ヶ月空くと少し久々の感がありますが、始まってみれば、あっと言う間に気持ち良い音に。
国内外の、多くの素晴らしいアーティストの音を、その壁に、床に、空間に吸い込んだようなプラッサ・オンゼ。
ここでのライブは、特別なリラックス感と気のひきしまる想いがあります。


アルバム「hue」の曲以外にもずいぶん新曲が増え、この日も新しめのオリジナルやシコ・ブアルキのカヴァーなどを演奏しました。
色々とハプニングがありつつも(笑)、笑ってそれを楽しめるメンバー。
笹子さん、歩さんと一緒に活動できるのがとてもうれしく、幸せに思います。


(集中!!!)


平日にも関わらずたくさんのご来場をありがとうございました。
客席には、おなじみのお客さま、初めての方、久々の方にもお聴きいただき、お目にかかれてうれしかったです。
昨年オープン35周年を迎えたプラッサ・オンゼの店主クラウジアさんにも心から感謝。
皆さま、ありがとうございました!


このトリオ、7/16(日)大磯・今古今はご予約満席で、次回都内ライブは9/1(金)吉祥寺ストリングス。

そして初ホール公演、9/18(月祝)大磯・海の見えるホールに向けて気合い入ってます。

皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

7月6日(木)のレポート・その①

この日の午後は、芝浦工業大学 附属中学高等学校にて、音楽鑑賞会でした。

メンバーは、
鈴木崇朗(バンドネオン)
西嶋徹(コントラバス)
三枝伸太郎(ピアノ)
江藤有希(ヴァイオリン)

超多忙なメンバーなので、リハは前日の午前中に集中的に。


(前日、スタジオにて)
 

この鑑賞会はここ数年、毎年のようにお声をかけていただき、毎回違った音楽をお届けしています。
今年は、選択科目の音楽を選択している高校1年生の生徒さん約100名に向けて、アルゼンチン・タンゴを紹介。
前半は、古い時代のタンゴから、近代、ピアソラの作品まで、基本となるタンゴのリズム以外にもミロンガやワルツなどをまじえ、様々な作品を演奏しました。
生徒さんたちはとてもじっくり聴いてくれて、一曲終わるごとに配られたプリントに一生懸命感想を書き込んでいました。


(じっくり聴いてくれる生徒さんたち)


そして後半は、楽器ごとに解説&質問コーナーのあと、その奏者によるオリジナルを演奏しました。
このコーナーがかなり盛り上がりました!
初めて見る楽器や初めて聴く奏法。
メンバーそれぞれの解説もとてもユニークでしたし、高校生ならではのツッコミに思わず笑ってしまう場面もたくさん。
オリジナル曲も聴かせる曲ばかりで、大きな拍手をいただきました。


(にこやか)

 

(にこやか)


(皆、のぞきこんでます)


最後に生徒さん参加コーナーがあり、今年は何で共演したら良いか、悩みました。
タンゴの曲を100人の高校生と演奏するのもすごそうですが(笑)、メンバーとも相談した結果、校歌をミロンガのリズムで伴奏することにしました。
演奏が始まると、ノリノリになった生徒さんたちが大きな声で歌ってくれて、とてもうれしかったです。


この日はPure Soundナカノユウスケさんが音響をつとめてくださいました。
バンドネオン入りの編成は、経験のある方でなければなかなか安心できないのが正直なところですが、短いセッティング時間でとても心地良い響きにしていただき感謝です。


(ナカノさんとミキサー)


そして、超凄腕メンバーにお願いして実現した四重奏、皆さま本当に素晴らしかったです。
一緒に音を出していて、楽しかったり、ゾクッとしたり。
お一人お一人が、本当にすごい。
高校生にこのような音楽を聴いてもらえたことも、うれしかったです。
芝浦工業大学 附属中学高等学校の皆さま、ナカノさん、メンバーの皆さま、ありがとうございました!!
8月13日(日)は同メンバーで雑司ヶ谷エルチョクロにてライブがございます。
日曜の夕方、ぜひぜひいらしてくださいませ。


江藤有希×鈴木崇朗×三枝伸太郎×西嶋徹

『Barrio de Tango 〜バリオ・デ・タンゴ〜』


日時 2017年8月13日(日)Open 16:00 Live 17:00(2st)
会場 TANGO BAR エル・チョクロ(雑司ヶ谷)03-6912-5539
   豊島区南池袋3-2-8
出演 江藤有希(Vn)鈴木崇朗(Bandoneon)三枝伸太郎(P)西嶋徹(CB)
料金 予約¥4,000/当日¥4,300(共に+order)
   yukivn.info@gmail.com
   「件名:8/13ライブ予約」
   「本文:お名前、人数、ご連絡先」を明記の上、お申し込みください。
   返信メールをもって予約完了といたします。